住宅ローンの返済が重い、厳しい。。。

 人間、30代にもなるとマイホームの購入を夢としてかかげる人も少なくないでしょう。

一戸建てやマンションなど、形態を問わず自らの城を築くというのは、人間にとって不変の願望なのではないでしょうか。

今からでは想像もできませんが、かつては家や土地などの不動産を持っていれば、その価格はまさに右肩上がりだったという時代がありました。
そうした時代、目先の効く人の中である程度の資金がある人は、住宅を購入しては高値で売り、その費用で別の不動産を良い条件で購入して転売する人がいました。

しかし、そうそうこういったことが続くわけではありません
。お決まりのように耳にするバブルの崩壊によって、それまでは高価だった不動産価格がいきなりの大暴落という憂き目にあってしまったのです。

不動産価格の急激な下落は、それまで不動産で稼いでいた人には痛手でしたが、庶民にとっては安価で住宅を購入できる時代が来たため、一時的には歓迎されました。
それまで手の出なかった住宅を購入するために、多くの人が住宅ローンを利用して住宅を購入しました。

しかし、景気の冷え込みは予想以上に厳しく、給与も下がってしまいました。
そうなると、給与の上昇を予想して立てた住宅ローンの返済計画にほころびが出てしまうのです。

住宅ローンは基本的には、給与の上昇を見越して、年を追うごとに金利が上昇します。
しかし、実際には給与が上がらないため支払いを行うことができず、最終的には自己破産へと至ってしまうのです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする