消費者金融ローン トピック③

悪徳業者の消費者金融を見極める方法

消費者金融でお金を借りる。と聞くとあまりよいイメージはないと思います。消費者金融は恐い、取り立て屋が家にきたらどうしようと思っている方も多いと思います。しかし、最近の消費者金融が昔に比べかなり変わってきています。まず、気になる金利のほうですが、だいぶ低金利になってきていますし、無利息でお金を借りられる期間もありますので、利用している方も増えてきていると思います。お金を借りてもきちんと返せば銀行と同じようになってきていますのでけして恐くないのです。しかし、消費者金融の中には悪徳業者も残念ながらまだいますので、そちらを利用しないように見極めることが重要なポイントとなります。悪徳業者かどうかを見極めるポイントの一つに消費者金融の登録番号というのがあります。この登録番号は貸金業を営業する業者は、財務大臣または各都道府県知事への登録が必要なものとされていますので、きちんと申請をして番号を取得していれば悪徳業者ではないと判断できる材料の一つになると思います。消費者金融を利用する時はこの登録番号があるか確認を忘れずにおこなうことが大切です。また、消費者金融を利用する時は複数の消費者金融の金利を比べることも大事です。大手の場合は極端に金利が違いませんが、極端に低金利を表記している消費者金融の場合は悪徳業者の可能性もありますので、契約書などはじっくり小さい文字もきちんと確認することが大切です。悪徳業者に引っかからないように気を付けて利用しましょう。

消費者金融の審査について

消費者金融でお金を借りるとき審査を受ける必要があります。会社によって審査の基準は異なります。最も重要視されるのは、今までお金を借りたことがあるかどうかです。消費者金融だけでなく融資を行う会社では、今までお金を借りたことがあるかどうかやトラブルなどはなかったなど情報を共有しています。このような情報は簡単に調べることができますので、正直に申告する必要があります。このとき、他の消費者金融からお金を借りている場合、借りている金額よりも何件から借りているかということの方が注目されることがあります。借りているところが多いと、返済能力がないと思われてしまう可能性があるので、このようなときは1本にまとめると審査に通りやすくなります。他にも、勤続年数や勤務先、家族構成、居住年数、電話などに注目されます。勤続年数に関しては、長いほど安定していると判断されます。居住年数は同じところに長く住んでいれば審査に有利になります。また、固定電話があると有利になるといわれています。これらの審査が終わると、最後に在宅確認と在籍確認が行われます。これは、申し込み内容にウソなどがないかを確認するためのものです。前は消費者金融の人が自宅などに直接行って確認することもあったようですが、最近はスピード審査が重視されていることから電話で確認されます。電話で確認するときは個人名でかけてくるので、家族にも勤務先にも消費者金融ということは分からないようになっています。審査を受けるときは、正直に申告することが大切です。

消費者金融を利用する前に改正貸金業法を理解しましょう

消費者金融を利用する上で、注意したいのが本当に返済できる金額なのかどうかの判断です。これは、消費者金融からの借入れだけに限らず、借金を考えている全ての人に言えることですね。お金を借りたら、返済は当然しなくてはなりません。特に、経済が不安定な今、特に注意しなければならないことです。消費者金融からの借入れは、高金利です。現在は、改正貸金業法により、上限金利が20パーセントまで引き下げられています。それでも油断すると、危険であることに違いはありません。この改正貸金業法では、総量規制というものも含まれています。年収の3分の1を超えて、お金を借りることができないのです。ですから、よく考えて利用しなければ、絶対にお金が必要だという時に、借りれないということもあるのです。それぞれ収入が違うので、一人一人借りられる金額も異なります。ですから、今まで以上に、注意して利用することが必要になります。これから、消費者金融等、貸金業者を利用する方は、改正貸金業法についても知ることが、必要だと思います。この法律の中には、お金を借りる方にとっても貸す方にとっても、重要なことがたくさん含まれています。利用することで、決して後悔することの無いように、気を付けて下さい。その為にも、返済計画は必ず必要です。1つ間違えると、全てを失うリスクがあることも、忘れてはいけません。そして、多重債務者にならないよう、お金の借入れは慎重に行って下さい。

消費者金融の返済方法

消費者金融でお金を借りたことがある方、お金は借りたことがないけれど興味はある方など消費者金融に対してさまざまな意見があると思います。また、できる事なら利用はしたくないと思っている方もいらっしゃるとは思います。利用したくないと思っている方のほとんどは金利、利息が高いから。なんとなく恐いから。と思っている方も少なくないと思います。たしかに銀行のローンなどに比べれば金利は高くなっているところがほとんどですが、返済期間を短くさえすれば決して金利は高くないのです。仮に30万円を某大手有名消費者金融で借りたとしましょう。その会社の金利は年間16.5%でした。30万円を10回で返済した場合の返済総額は32万7千円になります。借りたお金より約3万円多い金額です。では、30万円を月々に1万円ずつ返済していった場合はどうなるでしょう。月々に1万円ずつの返済にしますと約3年返済期間がかかりますので、返済総額は39万円とかなり高額になってしまいます。このことからお金を借りた場合はできるだけ早く返したほうが返済総額は少なくて済むということがわかりますので安心できるのではないでしょうか。今は消費者金融会社のホームページも充実していますので、どこの会社で借りれば良いのかサービスはどのようなものがあるかなどじっくり検討することができ便利です。またほとんどの消費者金融のホームページでは返済シミュレーションもできるようになっていますので参考になると思います。

消費者金融金利の重要ポイント

消費者金融金利の重要ポイントについてですが、当然、実質年率が低いものを選べば、同じ金額を借り入れても返済総額が少なくて済みます。一般的に、銀行系(アットローン、モビット等)は金利が低いと言われ、逆に消費者金融系は金利が高くなる傾向にあります。ただし、短期間で返済できるのなら、一定期間無利息のサービスがあるものを活用すれば、利息を支払わずにすむ場合もあります。ちなみに現金化とはクレジットカードを利用しますので、クレジットカードの会社によってキャンペーンを行っていたりすると金利が安くなったり、無料になったりすることもあるかもしれません。消費者金融のキャッシングは、ある程度の返済計画さえ立てていれば、アルバイトなどの収入が比較的不安定な場合や、複数の金融機関からの借り入れがある場合でも、キャッシングの相談に乗ってくれる可能性が高い、というメリットがあります。 キャッシングの申込みが、気負う事も無く出来るのが消費者金融であるといえます。それぞれのキャッシングの利点を上手く活用して、銀行系のまとめローンに備えるというのも一手です。 消費者金融のメリットとして、キャッシング終結までにかかる時間が短い、というものがあります。消費者金融は、そのような時に強い味方となってくれるキャッシングサービスです。必要な書類も少ないので、わざわざ準備する手間も、他社の金融機関と比べると大分省けるのも事実です。キャッシングを消費者金融で行うメリットを理解し、快適な生活ができるようにしましょう。

消費者金融の重要ポイント

 テレビCMや広告など、消費者金融の宣伝は毎日のように私たちの目に入ってきます。大手銀行系など全国展開している消費者金融もあれば、各地方に密着した小さな消費者金融もあります。どちらを利用すれば良いかは一概にはいえませんが、消費者金融の選び方は、利用するにあたって重要なポイントとなります。消費者金融を選ぶ方法は、金利や利用限度額、その会社のイメージなど様々ですが、返済を中心に考えるという方法もあります。お金を借りたならば、遅かれ早かれ必ず返済をしなければいけません。利息を含めた金額だけではなく、返済する手段も一緒に考えると、コンビニなどで簡単に返済できるなどという利便性が重要となってきます。返済できる手段の多さが返済期間の短縮につながりますので、CMや広告のイメージに乗せられずに消費者金融を選ぶことが大切です。ただし、いくら返済が便利な消費者金融を選んでも、審査が通らなければ融資を受けることはできません。消費者金融の審査は比較的甘いので過去にトラブルなどがなければ問題ないと思いますが、不安な場合は今自分が抱えている借入総額を出してみると、ある程度の予想をつけることができます。借入総額が年収の3分の1を超えるのであれば、これ以上融資を受けるのは難しいと考えられます。このような状況に陥った時、ヤミ金に手を出してしまう人も少なくありませんが、ヤミ金からお金を借りることは避けるべきです。中堅クラスの金融業者は独自の審査で大手より借りやすくなっているので、そういった金融業者を見つけることが大事です。

気持ちよく消費者金融を利用するために

消費者金融で借入する場合重要なポイントがあります。銀行と名乗る場合は金融庁の許可を受けなければ銀行と名乗ることができませんが、消費者金融と名乗っているところはどうでしょうか。銀行と同様に都道府県知事の許可を得たところでしっかりしたところばかりであればいいのですが、そうばかりではありません。消費者金融と名乗るのに誰の許可も必要ないところに問題があります。看板に消費者金融と書いてあっても金融庁や都道府県知事などの認可を受けたところばかりではありません。それでは消費者金融と名乗っていても都道府県知事の許可を得て免許をとって営業しているところはどのように見分けたらいいのでしょう。それは貸金業登録票というものがあって登録番号というものがしっかり看板などに書かれてあるかどうかという事を確認しましょう。そして現在では消費者金融会社が作った自主規制の貸金業協会というのがありますのでそこの会員になっているかしっかり確認しましょう。どうして自主規制の貸金業協会というのに入っているかどうか確認した方がいいかというと、貸金業協会というのは借り過ぎ、貸し過ぎを防ぐことを目的とした自主規制機関であり、貸金業法を守っていないと報告があった消費者金融を調べ罰則をかしたりしている信用できる機関です。残念ながら財務局や都道府県知事の認可を受けていてもその運営に問題がある消費者金融会社があるのも事実です。気持ちよく消費者金融を利用して頂くためにも日本貸金業協会に加盟していて事故報告がないかどうか確認して頂いた上で利用していだたくことをおすすめします。

 消費者金融の重要ポイントは

消費者金融を選ぶ際、安全性を見分ける一つのポイントは、大手かということです。無名の消費者金融と比較した場合、世間的な信頼性についてやはり差があるからです。さらに、一般的な認知度が高いというだけでなく、バックアップしている企業についても重要です。最近では、消費者金融の多くは大手銀行のグループとなっていることがあるからです。このため、大手銀行関連の消費者金融の信頼性が高くなるのです。実際に利用を考えたとき、大手銀行のグループでない場合には、その消費者金融会社の名前を耳にしたことがあるかないかで、安全かどうかを判断することになります。最近ではインターネットなどでも簡単に審査を受けられるため、どういった形で審査がなされているのかを知ることは非常に難しいと思います。しかしながら、審査においても安全な会社かどうかの判断はできるのです。消費者金融の審査は、返済能力についてを判断するために行われています。ですからもしも、審査が緩かったりした場合、あなたの返済能力に関係なくお金を貸しても良いということを意味していることなのです。少し不安に感じるのも最もなことです。もし安全な会社であれば、あなたの返済能力がないのにお金を貸すということはあり得ないからです。面倒でも審査をきちんとするということは、親身になって考えてくれていることとも言えるからなのです。これらのことからも、消費者金融を選ぶ際には慎重に見極めることが重要であると言えるでしょう。

長い目と広い視野で見たメリットが消費者金融の在り方である

貸金業法の改正による消費者金融のダメージは深刻です。審査基準が厳しくなったため、新規契約率は約4割に減少したとの情報も有ります。その中でも中小の、消費者金融は経営自体が危うい状態となる場合も多く、物議を醸しているのです。貸金業法の改正は、上限金利の制限、総量規制などを行うことで、消費者の安全な利用を促すことを目的としていると言えますが、消費者金融側から見れば、それは取りつく縞の無い状態とも言えるのです。過払い金請求と言う、消費者を救済する措置は、過去に遡る払いすぎた利息を消費者金融業者から返還してもらうためのものですが、中小の消費者金融はそれすら返還できない経営状態で有るところも多く、貸金業務自体を停止する場合も見受けられます。貸金業法の改正は、借り過ぎることによるこれからの消費者の危険を回避するためには有効な手段ですが、それ以前の多重債務者など、借り入れることで返済をしなければならない消費者にとっては大きな決断を迫ることにもなります。最悪の場合、自己破産という結果も想定されるところです。過払い金請求をしたとしても到底追いつかない借金を持つ消費者の救済措置は早急に求められるものです。古い体質を破壊する勇気と行動は、同時に弱者となった者に対し厳しい現実を叩きつけることは致し方ないものです。それまで、自分が行って来た方法はこれからは通用しないということを認めることが消費者にはまず必要とされるのです。貸す側、借りる側双方にとって、長い目と、広い視野で見たメリットが適正な消費者金融の在り方であり、利用方法となるのでしょう。

消費者金融の今後の発展のカギ

消費者金融は、スピード審査が可能で、場合によっては、即日融資が可能です。融資の申し込みも、現在ではWebを介して24時間行うことができます。このように利用者にとって、利用しやすい融資の形を実現してきたことにより、急成長を遂げてきました。スピード審査は、自動審査システムにより可能となっています。審査のスピードは数秒程度で、実際の融資まで30分ほどしかかかりません。2010年6月18日より、改正貸金業法により、金利が年20%を超えてはいけなくなりました。また、融資総額が利用者の年収の3分の1を超えてはならないという数量規制も導入され、貸金業者の資格要件が強化されたため、この規制強化に影響を受けて、中小規模の登録貸金融業者数の減少や、大手消費者金融会社と銀行グループや他業界との業務、資本提携など業界再編が活発に見られます。今後も銀行がこのノウハウを蓄積することにより、新たな展開を見せる可能性があります。また、例えば鉄道会社による消費者金融の参入があると、駅に、ATM設置が可能になるでしょう。毎日電車通勤するサラリーマンにとって、利用しやすいものとなるでしょうから、新規顧客を獲得できる可能性があります。景気低迷が続き、自己破産をする人の数が増え続ければ消費者金融にとっては、痛手となります。経済状況の回復とともに、新顧客層をどのように獲得していくか、また、これからも利用者目線のサービスを時代のニーズに合ったものにしていくことが、消費者金融の今後の発展のカギとなるでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする