消費者金融ローン トピック②

銀行傘下の消費者金融と銀行の今後

銀行が中心となって消費者金融業界の再編が行われています。銀行が傘下に収めた消費者金融会社を利用して、これまで銀行が苦手としていた消費者金融へ進出する事が、銀行の増益の為の重要な方針となっている様です。消費者金融会社にとっても、銀行の傘下に入る事で社会的信用が高まる事を期待出来ます。又、銀行から低金利の融資を受ける事も可能になります。貸出金利を下げる事が出来るので、消費者金融他社との競争を有利に進める事が出来るメリットがあります。債務者の年収で貸出金残高を規制する総量規制等の改正貸金業法の規制強化によって、消費者金融会社は融資を拡大する事が困難な状況です。しかし、銀行には総量規制等は適用されません。改正貸金業法の規制対象から外れる銀行に無担保融資を取り込む事で消費者金融事業を立て直し、グループ全体としての競争力を高めようとしています。銀行では行う事が難しい無担保融資の与信審査や債務保証は、傘下の消費者金融会社に担当させる事が出来ます。融資残高が増えれば、消費者金融会社に手数料が入るので相乗効果が見込めます。銀行との連携で経営への支援が可能になります。以前は個人の無担保融資は消費者金融会社の独壇場でした。銀行で無担保融資を行う動きが加速しているのは、銀行が総量規制の適用から外れる事が大きな要因です。企業の資金需要が低迷する中で、銀行にとって個人金融事業は増益を見込める部門です。住宅ローンと比較して高金利である個人の無担保ローンは高い収益が見込めます。優良な顧客を取り込みながら、融資額を増やして行けるかが今後の課題となります。

消費者金融の今後の見通し

消費者金融業界の今後は、メガバンクの下でそれぞれ大手、中堅事業者の系列化が進むといった状況になるといわれています。クレジットカードも消費者金融業界も、リテールはすみずみまでメガバンクの色で染め上げられることになりそうです。消費者金融の利用者からすると利便性の向上にもっと力を入れてほしいのですが、当分は陣取り合戦になりそうな気配です。「全社合わせての借金の合計金額が、年収の3分の1以上を超えてはならない」などの総量規制が導入された結果、今後は多くの方が、「新たな借入申込みをしたが、審査が通らなかった」「利用限度額を制限されてしまった」という事態に直面してしまう事が予測されます。現在消費者金融から借金をしている方や、クレジット会社のキャッシングを利用されている方は、まずはクレジットカードの利用状況や消費者金融の借入残高を適切に把握するとともに、今後は安易に「借金を別の借金で返済する」事が出来なくなってしまうという事を理解し、返済が行き詰まってしまった場合には、任意整理など適切な債務整理について、勇気を出して司法書士や弁護士に相談してみる事が必要です。貸金業法改正の話が出た時、消費者金融側は、この改正が行われたら貸し出し時の審査が厳しくなり、消費者金融からお金を借りる事が出来ないたくさんの人が、ヤミ金融に走るだろう、と主張しました。しかし、多くの学識者は、安易にそのように考えてはならないと言っています。また、消費者金融の規制と平行して、ヤミ金融撲滅の為の取り締まりや法整備も強化されています。消費者金融もお金を貸して利益をあげている会社です。まずは、借り手側が「お金を借りる」ことについて、再度考え、安易な借り入れをなくす意識を持たなければ、消費者金融が主張する結果になるケースがあるかもしれません。

消費者金融に対する自己責任の利用と返済

経済低迷期と言われる現代、消費者金融が経済にもたらす影響は非常に大きなものです。消費者が今より少し先に稼ぎ出すお金を、前倒しに融通してくれるのですから、消費者にとってこれ以上ありがたいことは無いのです。もし、お金を借りる事が出来なかったら、世の中の人の中に何でも我慢することが必要となることが考えられます。我慢してお金を使わない、収入が無くなれば飲まず食わず、そのような悲惨な状況を生むことにもなるでしょう。そんな消費者にお金を貸して、経済を回し続けることは知恵を持つ人間が、多くの人間をより良く生き長らえることを重視した優れた方法とも言うことが出来るのです。現在、消費者金融を利用する人はかなり多いと聞き及びます。世の経済を左右する個人の生活が、消費者金融の力を借りて回り続けていると言っても過言では有りません。世界の中でも豊かな国と呼ばれることが多い日本は、消費者1人1人の生活を重要視する国でも有ります。個々の豊かな生活の上に成り立つ国家が、本物の豊かさを意味する国家だと言うことを理解しているのでしょう。そういった意味で、我々消費者は、整った経済環境の中に生かされる、幸せな民族であると言うことが判ります。消費者金融は消費者のために、世の経済を円滑に回すため、厳しい規制の中でも存在し続けています。それを利用する消費者はそのようにありがたい環境に生かされた感謝の気持ちを責任感として持ち、適切な利用と返済を続けていく義務が有るのです。

消費者金融の利用で犯罪をストップ

お金が無いから空き巣に入った。お金がなく生活ができないから自殺をした。などお金に関する問題は日々ニュースや新聞で見かけることが多いです。本当に嫌な世の中になったと感じる人も多いのではないのでしょうか。世界的な経済不況の為、突然リストラされたり、会社が倒産したりとまだまだ暗いトンネルの中に日本はいると思います。その為どうしてもお金を手にすることができない人々も多いのが現状ではないのでしょうか。お金さえあれば空き巣をすることもなく、自殺をすることもなく普通に生活できていたと思われる人達は沢山いたと思います。そこまで追い込まれていなくても日々の生活をするのが大変な人も多く、あともう少しお金があれば助かるのに、給料日までに子供の給食費を払わなければならない。などほんの少しでもお金が入ってくれば助かる人もいるのではないでしょうか。そのような人達にとって消費者金融は命綱ともいっても言い過ぎではないかも知れません。無担保でお金を借りることができるのは消費者金融の魅力の一つだと思います。たしかに高金利なところが多いですので、お金を借りることができても返すのには大変かもしれません。しかし、30日無利息の消費者金融もありますし、24時間返済可能な所も多いですので消費者金融でお金を借りても決して損をしない場合もあります。消費者金融の特徴をよく知ったうえで利用するのであればまったく恐くないので、お金が必要な時は利用することを考えてもよいのではないでしょうか。

消費者金融利用者の年代・年収

かなり広い世代で利用されている消費者金融(消費者ローン)は、個人への貸付だけを専業とする金融機関。お金を預かる事がないので別名「ノンバンク」とも呼ばれています。消費者金融は担保や保証人なしでもお金を貸し付ける「無担保融資」を主に行っています。銀行や信販系に比べ、所得が低くても借り入れができるので、利便性があります。ほとんどの消費者金融で即日融資、キャッシングをしています。金利は高めですが、最近は低金利で貸し付ける会社も出てきています。では、実際にはどんな方が利用しているのでしょうか。利用者の男女比に関しては7対3と男性が圧倒的に多いようです。年齢を見ると、新規契約者では20歳代が42.8%と圧倒的に多くなっていますが、既存顧客は20歳代21.5%、30歳代27.9%、40歳代20.3%、50歳以上30.4%と、どの年齢層も均等に借入れをしています。年収別でみると、新規契約者では年収400万円未満の層が66.3%となっています。そのうち、年収200万円未満が17.2%も占めており、低所得者層の利用が多いことがわかりますね。既存顧客のほうを見ても、年収200万円未満が17.6%、400万円未満で61.5%と新規契約者の分布とほとんど変わりません。また、消費者ローン利用者の借入残高は「100万円~300万円」が一番多く、全体の35%も占めています。300万円以上も26%となっており、100万円以上の借入れがある人は全体の61%にも及んでいます。また、1か月当たりの返済額は、「5~10万円」が一番多く29%、「10~30万円」が22%と続きます。「30万円以上」も4%となっており、毎月の返済が高額である割合が多いこともわかります。お金を借りる前にしっかりと考えたいものです。

消費者金融の効果

お金がすぐに必要だけれど誰かに借りなければ足りない。このような時に誰から借りるのか、どこから借りるのかは、それぞれの状況によって違うと思います。自分の両親や兄弟から貸してもらえるのであればそれに越したことはありませんが、各家庭の状況や、親兄弟からお金を借りるのに抵抗を感じる人は、他を当たらなくてはなりません。友人に借りることができる人もいると思いますが、お金の話はなかなか言い出せないものです。そのような時に利用すると便利なのが消費者金融です。消費者金融からの借入は保証人が必要なく、無担保で借りることができます。お金を借りたからといって郵便物や電話連絡がくることもなく、自分が借金をしていることを知られることもありません。消費者金融には以前、利息制限法の上限を超えるグレーゾーン金利というものがあり、悪いイメージを持っている人も多いと思いますが、今は法的に貸付上限も整備され、健全で透明な存在となっています。消費者金融に申込みをすると、審査から振込みまで、わずか30分ほどで完了します。もちろん、きちんと返済できることが前提となりますが、すぐにお金が必要という場合はとても頼れる存在です。ただし、消費者金融にはほとんどの場合利息が発生します。効果的に利用するためには、素早い返済が大切です。数日後に返済できるような場合は、銀行などから借りるより、利息が少なくて済みます。無利息の期間を設けている会社もあるので、一度各社のサービスを調べてから申し込むことをお勧めします。

新規事業に対する消費者金融のメリット

消費者金融のメリットはどこにあるでしょうか。個人の方と事業者の方ではそのメリットの感じ方は違います。今回は事業者の方の方の消費者金融のメリット紹介します。銀行による融資は低金利であるため事業をするものにとって必要不可欠であります。しかし、その銀行の融資は誰でも受けれるわけでは残念ながらありません。どんなに将来性のある事業でも銀行は融資に対して消極的です。銀行の本来の収益行動を考えてみればよりはっきりします。銀行というのは預金者からの預け金を企業に融資することによってりざやを稼いでいます。現在、預金利率は0.03%とかなり微々たるものです。しかしそんなご時世でも住宅ローンや教育ローンなどの商品は3%という100倍以上の金利で貸し出しをしています。この利ざやが経費をのぞいた銀行の利益となります。このように見て見ると銀行は確実な収益をあげればいいのであって、あえて危険なこと、収益がわかるかわからないかの事業に融資することによって貸し倒れになることを敢えて選ばない業種なのです。それでは新規事業を行なう会社が出資者などがあり資金を確保できたり、上場することによって資金を集められればいいのですが、そうばかりではありません。そのときに金利は高いですが、その金利を払ってでも事業を立ち上げる価値がある場合消費者金融のメリットは高まります。今や上場している会社でも立ち上げ当初は消費者金融からの借入で資金を繋いでいた、キャッシングによって繋いでいたという会社があることをご存知でしたか。

消費者金融のメリットいくつか

現在一般的な事で言えば、銀行でお金を融資される場合の方が金利もお得ですし、安心というようなイメージを持たれる方が多いようです。 その理由としては、消費者金融というと金利が高いということと、多重債務などによって自己破産するというイメージがあるからなのでしょう。しかし実際に、それは本当なのか。どうしても銀行での融資を希望する場合、経済的に安定していて返済をきちんとしていけるという保証がなければ、審査を通過するのが困難な場合があるのです。 そして、用意する書類などもも色々あるのです。しかしながら、時間的に余裕があるとか、安定した職業の方であれば金利の低い銀行での融資を利用した方が良いと言えるでしょう。消費者金融にお金を借りようと考えている方は、すぐにお金を必要としている方が多いのではないでしょうか。サラ金という言葉の意味は、サラリーマンが無担保でしかも保証人をつけなくても利用ができるというところにあるのです。 現在では、消費者金融によっては銀行のカードローンなどとの競争によって徐々に金利も下がってきていますので、その差があまり感じなくなってきています。どうしても少しだけお金が必要で、しかもすぐに返済が可能な方については、銀行の審査の時間などを考えると消費者金融を利用するメリットはあるのかなと思います。すぐに返済できる方には、銀行の手数料などの経費を考えた場合、消費者金融の方が安く済むというメリットがあるのです。

消費者金融のよいところを探してみよう

消費者金融のメリットは、ほとんどの方が融資可能、即日融資が可能、返済が24時間可能、取扱いできるところが多数、という点があげられると思います。消費者金融の場合は、年収が少ない、勤続年数が少なく銀行の審査が通らなかったという方でも他に借り入れがない場合はほぼ融資可能というのは助かりますし、即日融資というのも消費者金融のメリットの一つです。お金が必要な時というのは、ほとんどの場合急用の時が多いと思います。急いでいるのに融資は数日後になります。では、困る方も多いはずです。やはりお金を借りられるうえでのスピードは重要要素の一つになると思います。お金を借りる事ができれば次は返済の事を考えなければなりません。消費者金融はいつでもどこでも返済できるというのは、じつは利用者にとって大きなポイントなのです。お金を借りる人というのは、お金の管理が少し弱い場合がありますのでそのような方が返済するお金をいつまでも自分の手元に置いておくのは使ってしまう可能性があるので危険なのです。返済金が準備できたらすぐに返済できる環境は重要なポイントになるのです。ATMの数が多い、コンビニでも返済可能など消費者金融の場合は、いつでもどこでも返済できるところは非常にメリットになるのです。以上の点が消費者金融のメリットとしてあげられます。この他にも無利息期間もあるところもありますので、昔の恐いイメージの消費者金融から変わってきているところを実感してほしいです。

消費者金融の良いところ

今すぐにお金が必要になった時、消費者金融を利用することで解決できることもあります。軽い気持ちで、簡単にお金を借りることは賛成できません。しかし、急な支払いを迫られた時は、使い方を間違えなければ強い味方にもなってくれるのが、消費者金融です。平成22年6月18日、改正された貸金業法が完全施行されました。これにより、現在新しい法律の下で消費者金融と利用者の間で、お金の貸し借りが行われています。金利も大幅に引き下げられています。以前は上限29.2パーセントであったのが、新しい法律では20パーセントとなっています。又、個人向けの貸付金も、年収の3分1までと定められ、借り過ぎ、貸し過ぎを防いでいます。これが総量規制とよばれるものです。新聞等で大きく取り上げられているので、ご存知の方も多いのではないでしょうか。このように、様々なところで消費者を守る新しい決まりも定められています。借りたお金を返済できなくなるという問題が深刻になってきている今、やはり借り過ぎることを防止する対策は、必要不可欠なのでしょう。急にお金が必要になった時、知人や親戚にお金を貸して欲しいとは、案外言いにくいものです。近い間柄だからこそ、できないということもあるのでしょう。そんなどうすることもできない時、消費者金融の存在が嬉しい時もあります。お金を借りなくて済むことがもちろん一番良いのです。しかし、何かあった時頼れる存在があることは、決してマイナスだけではないはずです。

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする