消費者金融ローン トピック①

消費者金融の今後

改生貸金業規制法が2006年12月に成立しました。この法律は、貸金業者の規制を強化したもので、複数の貸金業者から借金をして返済困難に陥る多重債務者問題を解決するのが目的の法律です。そして2010年、この法律の完全施行により、グレーゾーン金利の廃止されたことによって精神的に、そして総量規制によって実務的にも消費者金融の利用に安心感を与えるようになりました。グレーゾーン金利の廃止と総量規制の二つの法規制は施行されてからほんの二年しか経過していません。そのため、近い未来でも更に消費者金融に関する法律が変わっていく可能性は大きいといえましょう。消費者金融をさらに安心して利用できるように、またさらに利用しやすくするために変化していくものと信じます。その変化は決して法律の改正だけにはとどまらず、世の中の変化によるところが大きいのです。代表するところでインターネットが普及した現在では申し込みや現状の把握などが正確に迅速に行えるようになりました。それまでの生活からは想像もつかなかったことです。これから未来に向かうにあたってさらに技術面・システム面で大きく進化していく可能性も十分にありえるのです。その進化したものは私たちが思いもよらない形で発展をとげ、私たちの生活を一変させてしまう可能性もゼロでは全くないということです。だからこそ、今後の消費者金融に関する法律やシステムや技術などの変化に大いに注目していくべきだと考えます。

消費者金融の利用

消費者金融でお金を借りるとき、正社員など安定した職業に就いていないと借りることができないと思っている人が多いと思います。消費者金融には、パートやアルバイトでも安定した収入があれば借りることができるところもあります。最近は、学生専用のキャッシングサービスもあります。お金を借りるとき利用限度額というものがあります。パートやアルバイトをしている主婦や学生の場合、この利用限度額が低いことがあります。困ったときに借りる分としては、十分な額を借りることができると思います。フリーターなど職場が頻繁に変わったりする人は職場に在籍確認をします。でも、それだけでは安心して貸すことができないので、過去数カ月の給与明細が必要になることもあります。職場が変わっても、毎月安定した収入があるという確認ができれば、消費者金融としても安心して貸すことができます。パートやアルバイトでも利用できますので、申し込んでみるといいと思います。また、女性専用のキャッシングサービスも最近は増えてきています。職場に制服がないときなど、職場に着ていく洋服など買い足す人もいると思います。また結婚式などがあるとき、洋服やヘアスタイルなど女性は男性よりお金がかかります。これが給料日前でお金に余裕がないということもあると思います。このようなとき消費者金融が役立ちます。女性1人でお金を借りるとなると不安な人が多いと思います。そのような人のために、フリーダイヤルがあったり、女性スタッフが対応してくれるなど様々な配慮もされています。ですので、安心感もあります。女性で初めて消費者金融を利用するという人は、女性専用のサービスを利用するといいと思います。

消費者金融の良い点・悪い点

消費者金融は使い方によっては良い点がたくさんあります。まず短期での返済であれば利息がつかないことがあげられますし、借りた金額と日数によっては銀行ATMから引き出す際にかかる手数料よりも利息のほうが安く済むことがあるのです。そして申し込みから審査終了までの融資にかかるスピードの速さも良い点といえるでしょう。これに比べて銀行の融資は数週間から一か月はかかります。ですから遅くても即日融資という消費者金融の借り入れは、すぐお金が必要な人にとってはありがたいものとなるでしょう。そしてこのスピードの速さが消費者金融にとっては一番のウリかもしれません。さらに返済についていえば、自分の都合のいい時に行えてまた返済方法も様々ありますから、どちらも自分の都合によって選ぶことができます。大手の消費者金融はこの返済が24時間どこででも行えるというのでこれも大きな長所です。しかしそんな消費者金融の悪い点もあります。まず他の金融機関と比較して金利が高いということでしょう。ただ銀行の融資は金利が低いといっても融資額が大きく長期にわたる返済であることが多いため単純に銀行の方がいいとは比較できません。それぞれの特徴が違うからです。しかし高額な融資である場合にはその返済期間と金利から長期間にわたればわたるほど返済額が膨らむのは確かです。このようなことから消費者金融ははっきりいって長期にわたる高額の借り入れには向いていません。ですから少額で短期の場合のみ利用するのがいいといえるでしょう。また消費者金融の融資は銀行ローンに比べて利子の日割り計算などもありますから上手に利用しましょう。

消費者金融のイメージ

消費者金融と聞くと、怖いイメージがありますが「賢く」利用すれば、便利なこともあります。消費者金融とは、銀行や貸金業者が、消費者に物品やサービスの購入資金の貸付をしたりするもののことです。フリーローンという、用途を問わないでローンもあります。各社の利用限度額により金利はさまざまですが、平均すると17%前後です。6%~28%前後と各消費者金融の金利は幅広く設定されています。なので、よく見比べてみて、金利がなるべく低いところを選びましょう。ちょっとした借入れに便利なカードローンは、申し込みの時点で利用限度額が決められており、その範囲内であればCDやATMでいつでも借入、返済ができるローンです。利息は高めなのですが、大手銀行も最近では取り扱っており、心配なく利用することが出来ます。ただ、必要もないのに、安易に利用することや、返済計画が立てられないのに、消費者金融を利用することには反対です。特に、消費者金融は、長期にわたって、借入すると大変なことになります。「キャッシングとクレジットカード」、「元利金等返済と元金等返済」は似ているようで違います。違うということは、借りるときや(カードの発行代金や年会費)、返済のときに、返済額が変わります。どちらが「良い」「悪い」のかではなくて、どちらが「自分にあっているのか」で選びましょう。もし、自分にあわないものを選ぶと、本来は不要なお金を支払うことになります。ただしその条件は、金利や返済日までの期間によっても変わってくるので、金利や締め日をきちんと確認して、前もって利息の計算をしておきましょう。

消費者金融のテレビCMの効果

NHKが報じたところによると、複数の消費者金融などから借金をしている、いわゆる多重債務者の約40%がテレビのCMがきっかけで、借金をしていたことが、国民生活センターの調査で明らかになりました。すでに消費者金融大手5社がテレビのCMの自粛時間を延長でも報じたように、武富士、アイフル、プロミス、アコム、三洋信販など大手7社はグレーゾーン金利などの批判の高まりから、朝の7時から9時までと、夕方の5時から夜10時までの放送を自粛しています。全国クレジット、サラ金被害者連絡協議会では、消費者金融のコマーシャルは、一度借りてしまうと次から次へと借金が膨らんでしまう高い金利の危険性を知らせず、見た人は良い会社だと思って気楽に借りてしまうのです。元々青少年に悪影響を与えるべきだと言っているので、これを機会にすべての会社がコマーシャルを辞めるべきではないかと提言しています。注意しなければ、あるいは注目すべき点は、調査結果そのものをどうとらえるべきかにあります。これだけ問題視され、多くの人がCMをきっかけになったり、影響を与えていると回答しているということは、それだけ現在のテレビCMが効果を発揮しているということを実証している他ありません。優良顧客である消費者金融のテレビCMの自粛拡大の傾向はお得意様の売上が減ることにつながるので広告代理店や配信媒体は頭を抱えます。一番大切なのは、CMに誘惑されない市民の心ではないでしょうか。

クリーンなイメージはこれからの消費者金融に有利を導く

消費者金融は、個人を対象に無担保、保証人要らずでお金を借入れることが可能です。お金を借入れるのに必要な審査は、銀行などよりは簡単で早く、消費者にとって利用が多く求められる金融機関と言うことになります。昨今、貸金業者に対する制限が大きく施され、消費者にとって安全で安心な借り入れが実現される事となりました。消費者金融はそれにより大きな痛手を負ったことにもなります。中小の消費者金融業者の中には経営の存続が難しくなり、貸金業務自体を停止せざるを得ない状況となった業者も見られます。そのような中、大手の消費者金融は新たな岐路を発見した様子でも有ります。豊富な資金力を持つ銀行と手を組むことで、スムーズな資金を調達、カードローンなど、個人向けキャッシング機能を低金利で提供、審査スピードの高速化を図り、消費者の本音とも言えるニーズの獲得を果たしたのです。銀行を後ろ盾とする消費者金融は、消費者にそれだけで安心感を与えるものです。消費者金融の利息は従来高く、その利益で肥えた一部の消費者金融の存在は忌まわしいものでさえ有ったのですが、現在の消費者金融は、腹黒さが消え去り、クリーンなイメージさえ醸しています。消費者を第一に考えた法の規制は、結果、消費者金融のイメージアップを実現、多くの消費者ニーズに応える効果的な消費者金融の在り方を示すことにも繋がったのです。消費者金融の更なる進化は多くの消費者が期待するところであり、経済を膨らます手立てとなることが望まれているのです。

消費者金融の変化

消費者金融とは無担保で保証人もなくてもお金を融資してくれる業者のことをいいます。ですからこの時点で銀行などの公的な金融機関とは違うということがお分かりいただけると思います。利用者はそれぞれお金が入用な時に会社を訪れ、一定の審査のもとにお金を借りることができるのです。その一定の審査も比較的軽く、問題が無ければ即日融資をすることも可能です。そして上限内であればいつでも自由に借り入れ・返済をすることができるのです。その借り入れや返済などは時間や場所を選ばないので深夜のATMなどのように、まるでコンビニ感覚で気軽に行うことができるのです。今は大手5社で消費者金融業界のほぼ半数以上の売り上げを占めています。会社そのものも一部上場をし、かなり一流な企業に成長をしています。一般的に消費者金融は金利が高いのですが、大手以外の中小の金融業者は融資審査基準を甘めにして金利を高く設定しているといえます。貸付の高いリスクがあっても銀行から借り受けるよりも便利な点があるため利用する人が多いのです。最近は長引く景気後退の影響をうけ、法人への貸し出し業務が低迷していますので、銀行でも個人消費者への小口融資に力を入れるようになりました。消費者金融も「○○銀行系」と名乗る企業がが数多く出現するようになりました。そうすることで双方ともにメリットを得る狙いがあります。一昔前はサラ金というと暗いイメージがつきものでしたが最近ではテレビコマーシャルなどに投資して金貸し業務とは無縁の明るいイメージ作りに力を入れた結果、人々の消費者金融に対するイメージも大きく変化しました。

消費者金融の債権譲渡の基礎知識

債権譲渡とは、債権を債権者の意思により、そのまま他人に移行させる事を言います。債権譲渡にも色々なケースがありますが、第三者に債権の取立をさせる為に譲渡という形を取るケースが目立ちます。債権が別の消費者金融会社や債権回収会社等に債権譲渡されていた場合には、債権譲受人がどの様な会社であるのかを確認する必要があります。大手消費者金融には同じグループ会社内に債権回収会社が1社はあるはずです。同じグループ内の債権回収会社が債権譲受人であれば、債権譲渡による状況の変化はそれほど大きくは無いはずです。ある程度の和解には応じて貰える可能性が大きいです。債務整理をした方が条件自体も楽になる事が期待出来ます。しかし、取引していた消費者金融とは異なるグループの債権回収会社が債権譲受人であるならば、自分の債権は正に売られてしまった事になります。特に取立の厳しい債権回収会社もある様ですから、このような場合には早めに専門家に相談する事をお勧めします。債権回収会社というと、いわゆる取り立て屋というイメージを持っている方も多いと思います。そのようなイメージを利用して、短期の分割払いや残金一括払い等を求めてくる債権回収会社もある様です。しかし、債務整理をすれば長期の分割払いにも応じる所が大半ですので、債権回収会社から新たに連絡が来た場合や、債権回収会社と交渉を進めているが、どうしても和解出来ない等の場合にも専門家に相談をする事を勧めます。

消費者金融の特徴と基礎知識

消費者金融とは利用者の信用を担保として直接融資を行うサービスです。広い意味では銀行等の行う住宅資金融資なども含みますが、一般的には貸金業者による消費者への小口の無担保融資を指します。消費者金融の特徴は、申し込みにおいて自動契約機の他、店頭の他、郵送、Web、電話など多様な方法があります。自動契約機でどのように審査がされるかというと、利用者はパネル操作を通して契約を行うことが可能です。自動契約機は通信回線によって有人の受付センターと繋がっています。そして担当者が利用者の映像を見ながら、与信審査を行います。契約上の重要事項説明や法令で定められた書類の交付など、店頭受付と同様に行われます。消費者金融各社では、受付から審査、契約までの手順や、融資対象者の資格要件を厳格に定めていて、高度な審査技術やノウハウを用いて適正与信の実行を徹底しています。新規契約の所要時間は通常30分程度です。これは、店頭でも自動契約機でも同様となっています。返済の際にも店頭での返済のほか、ATMや現金書留での郵送など返済方法も多様となっています。借入限度額は、リボルビング方式という利用者の信用力に応じて、あらかじめ借入限度額を設定し、その限度額の範囲内であれば、自由に利用できます。リボルビング方式には、一定の与信限度額を設定する、返済額は最少支払額を定めて任意での追加返済は自由、利用残高が与信限度額の上限の範囲内であれば自由に追加利用ができるという3つの特徴があります。このようにリボルビング方式に関してはカードの利用によって随時入出金ができ、ATM・CDの利用に適した契約形態です。消費者金融の利息は日割り計算され、最少支払額以上であれば、いつでも追加で返済することができるので、余計な利子を払わずに済むのです。

信用枠強化で消費者金融のメリットは引き出されている

消費者金融を利用するメリットは何でしょう。それは、審査が早く、審査が通ればすぐお金を用立ててくれることです。そう答える方が多いのではないでしょうか。銀行からの融資を受けるためには、厳しい審査を通過しなければならず、時間も要します。現在、消費者金融は銀行系列のローン会社が勢いに乗っています。銀行系列であることの強みはその資金調達力に有ります。即日融資を謳うこの手の消費者金融は、自動審査システムを導入していることも多く、その審査結果は即提示されます。確認書類などの添付は画像をメールに添付、確認が取れれば即振り込みをしてくれるのです。しかも、365日24時間申し込みは可能です。総量規制は消費者金融の存在を脅かしたことになりますが、お金をすぐ必要とする消費者のニーズを的確に掴んだ銀行系列の消費者金融はその存在感を圧倒的にアピールする結果となっています。低金利時代に相応しく、利用額による低金利は実践されている様子でも有ります。銀行系列の消費者金融は銀行で口座を開いた時点での申し込みが出来る場合も見受けられます。厳しいとされる銀行の審査を通過する顧客は、消費者金融にとって最良の利用者ともなるわけです。ひと昔前の消費者金融利用者は銀行の審査枠から漏れてしまう人も含まれていました。消費者金融は顧客を選りすぐることで、様々なメリットを打ち出す作戦を取っているとも言えるのです。信用枠から外れた方の救済措置が早急に取られることが望まれるところでも有ります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする