消費者金融の金利とは(top エクセルで)

消費者金融の金利というのは、実質年率として表示されています。クレジットカード現金化の時とは違うので間違えないようにしましょう。これは1年間の金利のことをいい、現在の法律では年に29.2%が上限というように定められています。実質年率を簡単に言いますと、1年間にだいたいどのくらいの利息がつくかという年利のことです。一般的には、消費者金融開始やでは、日割り計算をしていますので、ほとんどが借りた日数分だけ利息がかかります。実質年率から借りた日数分の利息を計算します。この日割り計算は消費者金融のメリットでもあります。ですので、逆に言えば返済が早ければ早いほど利息も安くなるのです。消費者金融の金利が高い理由として挙げられるのは、無担保で小口の融資をするというシステム上、ある程度は貸し倒れをするリスクが付いてくる予想をしておく必要があるのです。現金化業者比較や消費者金融の比較をしてみると色々な金利があります。消費者金融の金利を制限する制限では、出資法と利息制限法がありますが、現状では50万円以下というのが消費者金融の融資額として定着しています。そして、利息制限法の上限金利は18%と見ていいかもしれないです。また、出資法の上限金利は29.2%になっています。もし出資金に違反すると、過払い請求となってしまい懲役刑や罰金刑などの、刑事罰が課せられますが、利息制限法には罰則がないのです。現在では、ほとんどの消費者金融会社の金利はだいたい18%から29.2%の間に設定されています。クレジットカードでお金を借りるとそれよりも低い金利で借りることが出来ます。また貸金業規制法でさだめられている、みなし利息というものがありますが、どうしてみなし利息が現在認められているのかといいますと、金利設定では調達金利との兼ね合いで利息製法の上限内の、利益を出すのが少し難しくなってしまい、貸し倒れリスクをカバーすることも難しくなります。消費者金融会社はこのような法律のもとで金利を設定しているのです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする