カードローンで自己資産のメリット

カードローンは、カードローンの契約を行うことで借入限度額までなら何度でもお金を借りることができるようになっていますので、簡単にお金を借りることができて大変便利なものとなっています。しかし、その反面、便利さが故にカードローン依存症となる人が多くなっています。以前、クレジットカードにおいてもクレジットカード依存の人が多発し、ショッピングやサービスをクレジット払いとして返済が困難となってしまうケースが多発したため、現在ではクレジットカードの利用限度額が30万や100万円と制限されるようになっています。同様にカードローンにおいても利用限度額が設定できるようになっていますが、銀行カードローンなどでは最高500万円まで設定できるほか、総量規制の対象とならないため最高限度額で契約する人が多くみられます。カードローンでの自己破産の場合、負債する額も少ない人よりは高額で返済不能となるケースが多く目立っており、自己破産となることが多くあります。自己破産の場合、カードローンの新規契約は8年間は出来なくなるだけでなく、クレジットカードや他のローンやキャッシングについても利用ができなくなってしまいますので、再びカードローンで自己破産となることは少なくなります。また、自己破産により社会的な制約は受けることは少なく、公的な職への転職ができなくなる程度で、家族には全く影響を及ぼすものではありません。また、自己破産したことが、会社などに知られることもありませんので、普通に会社勤めを続けることができます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする