カードローンで自己破産の方法

カードローンの使い過ぎにより返済が困難となった場合、返済が滞ることになりますので直ぐにカードローンの金融機関から返済の催促や督促の連絡を受けることになります。返済する口座の残高が不足しているだけであれば、直ぐに振込などで返済に対応することもできますが、会社の倒産やリストラにより収入が断たれてしまった場合は、簡単に返済することも困難となってしまいます。このような場合、直ぐに自己破産と考える人もありますが、収入の目途がある場合や再就職の可能性がある場合など、返済できる見込みがありますのでまずは裁判所に債務整理による特定調停の申し立てを行うことが重要となります。しかし、借金のことなど法律的に素人な人も多いため、まずは弁護士などに無料相談の機会を見計らって相談することをお勧めします。そこで、自己破産とするか特定調停または任意整理とするのがよいか意見を参考にするとよいでしょう。全く返済の見通しがなく、今後もカードローンの返済が困難となった場合は、管轄する地方裁判所に対して自己破産の申し立てを行うことになります。裁判所においては、債務者より自己破産の申し立てが行われると、特定調停と同様に専門の調停員が割り当てられることになり、聞き取り調査や書類調査が行われることになります。さらに、聞き取り調査や書類調査の後には土地や家屋などの不動産などの資産を調査するため、自宅に調停員が訪問して調査を行うことになります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする