カードローンで自己破産の相談は弁護士?自治体の法律相談?

カードローンで自己破産のとき相談に必要なこと

カードローンは、今までのキャッシングでお金を借りるよりもカードローンカードを使って何時でもお金を借りることができるため、大変便利で急にお金が必要になったときは勿論のこと、普段の生活でのショッピングやサービスの支払いとしても利用することができるものとなります。このため、クレジットカードのようカードローンを使ってしまう人もあり、自分の収入による返済能力を超えてカードローンを使ってしまうこともあるのです。さらには、カードローンの利便性に加えて、利用限度額が高額に設定できるため幾らでもカードローンでお金を使うことができると錯覚するあまり、カードローン依存に陥ることがあります。このように、カードローンの多用によりカードローンの返済が困難となり、自己破産の危険や実際に自己破産するケースが多くなっています。カードローンの返済が危ないと感じたときは、早めに相談できる人に対処方法などを相談することが重要となりますが、実際は気が付くのが遅く、自己破産してから相談されることが多いようです。カードローンのサービスを提供する金融機関は、主に銀行が多いのですが、銀行による個人向け融資については総量規制の法律から除外されているため、違う銀行のカードローンを万枚も作れてしまいますので、多重債務の原因ともなっています。カードローンによる自己破産やその危険性が高く、弁護士に相談するときは何枚のカードローン契約があるのかやそれぞれのカードローンでの借入額が幾らあるのかをしっかりと把握しておく必要があります。

カードローンで自己破産のため弁護士に相談

カードローンの使い過ぎなどにより、自己破産の危険や実際に自己破産となってしまった場合、自分の責任とは言え、どうしたらよいのか対処に困ってしまう人も多いのではないでしょうか。カードローンの契約を行うときは、銀行も丁寧に対応していたものが、返済が困難となり延滞が発生するや、銀行も一変して強く返済を要求してくることになります。自己破産となった場合、債務者本人への社会的な制約は受けるものの、大抵の書物やインターネットの自己破産に関する記事を見てみても、家族への影響はないとされています。しかし、自己破産となれば、持ち家であれば今住んでいる土地や家屋が裁判所に差し押さえとなるため、住むことができなくなるので引っ越しを余儀なくされてしまいます。また、債務者の名義となっている家財も差し押さえとなるだけでなく、携帯電話も解約を要請されたり、私学や塾などに通う子どもも公立学校への編入や退学を受けることになってしまいます。法律的な措置に対しては、法律で対抗するしかありませんので、このようなときは弁護士に相談することで、少しでも差し押さえを回避し家族への影響を少なくしたいもとのとなります。弁護士によるカードローンなどでの自己破産に関する債務整理の相談は、債務に関することは無料としていますが、カードローンなどの銀行がサービスするローン関係は有料としていることがあります。ただ、差し押さえを回避できるのであれば、弁護士に費用を相談したうえで、弁護士に頼ることも必要ではないでしょうか。

カードローンで自己破産のため自治体の法律相談に相談

自己破産の危険や自己破産となってしまった場合、どこに相談したらよいのか分からずに、独りで悩む人も多くあるようです。インターネットが普及した現在において、自己破産による対処方法などGoogleなどの検索サイトを使って調べることも可能となっていますが、信頼できるかは難しいものがあります。また、自己破産に関する記事を見ると、相談するには弁護士が最適とされていることが多く見かけます。最近、弁護士による債務に関する相談を無料で行うことがテレビCMや新聞・雑誌などの広告で見かけることがあります。カードローンで自己破産となってしまった場合、こうした弁護士による無料相談があることを知ることになれば、誰でも弁護士に相談したくなるのは当然のことです。しかし、弁護士が無料で債務相談を受けるのは、消費者金融がサービスするキャッシングによる債務を対象として、銀行がサービスするカードローンなどは無料ではなく有料での相談とすることが多くあります。これは、無料相談にからくりがあり、消費者金融のキャッシングにおいて貸金業法で定める金利以上で貸し付けを行っていることがあるため、過払い分の利息を取り戻すことで、弁護士報酬に充てる目論見があるから無料で相談を受けているのです。では、カードローンで自己資産となった場合、費用はかけられないので誰でも同じことになります。このようなとき、自治体が主催かる無料の法律相談を利用することをお勧めします。自治体の無料相談は、弁護士が対応することも多くありますので、差し押さえに関することも適切なアドバイスが得られるものとなります。

カードローンで自己破産のためクレジットカウンセリング協会に相談

まった人などクレジットカード依存症となってしまった人に対する相談などカウンセリングを行うための団体となっています。クレジットカウンセリング協会は、クレジットカードをサービスする信販会社が共同で運営する団体となっています。クレジットカウンセリング協会が発足したのは、クレジットカードが普及し始めたことによりクレジット払いでショッピングやサービスの支払いを行うあまり、クレジットカードに頼り過ぎることになってしまったり、クレジットカード依存となる人が続出することになりました。中には、支払い能力を超えてクレジットカードを使ったため、自己破産となることも珍しくはなくなったため、クレジットカードの健全な利用に努めるために、クレジットカウンセリング協会が発作されたものとなります。クレジットカウンセリング協会では、クレジットカードによる自己破産などの債務整理だけでなく、キャッシングやカードローンの多用により同様に自己破産の危機や自己破産となってしまった人の相談やカウンセリングを行っています。クレジットカウンセリング協会での相談やカウンセリングは、全て無料となっていますので費用面など安心して利用することができるものとなっています。ただ、予約制となっていることと、相談やカウンセリングに対応できる仕事量は決まっているため、なかなか予約を取ることが困難となっています。

カードローンで自己破産のためカードローン元金融機関に相談

カードローンで自己破産となってしまったため、相談先として大抵は弁護士に相談することを勧められていますが、有料であるため自己破産した人にとって弁護士の相談料を支払うことは難しいものとなります。カードローンの性質上、無意識のうちにカードローンを多用してしまうカードローン中毒に陥ることが多いため、なかなか自己破産寸前まで借入していることを気が付かないことも多くあります。ただ、カードローンをサービスかる金融機関となる銀行において、毎月、カードローンの利用明細が送られてくることがありますので(明細拒否している場合は利用明細の送付はありません)、自分が幾ら借入しているのか必ず確認する必要があります。また、カードローン利用明細には、お客様相談窓口が記されていることがありますので、万一、カードローンの返済が困難となっているようなら自己破産となる前にカードローンを利用している銀行の相談窓口に相談することも重要となります。カードローンをサービスする銀行では、ローンに関する相談窓口を持っていることがありますので、返済が困難となった場合において任意整理とはいかないものの、返済計画の見直しや生活上での支出を減らすアドバイスを得られるものとなります。わざわざ自分の不始末を、借入している銀行に申し出ることは不利になるのではと思う人もありますが、銀行としてもカードローンの返済が不履行となるよりは、未然に防いだほうが銀行としても得策となることになります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする