自己破産後は住宅は買いにくくなるかも

消費者金融で自己破産をしたあと、生活を持ち直したので、改めてマイホームを購入しようという人がいるかもしれません。
しかし、残念ながら住宅ローンを利用してのマイホームの購入は難しいと言わざるをえません。

その理由は官報への掲載です。官報に情報が記載されている状態だと、基本的にはローンを組むことはとても難しい。
例えば、銀行以外のローンサービスの場合は多少の可能性があるものの、住宅ローンともなると、相談する相手は銀行になります。

必ずそうするという規程があるわけではありませんが、銀行は官報に情報が載っている申込者には冷淡です。
マイカーローンの場合は多少事情が違うようですが、いずれにしてもこの状況ではローンは難しいのです。
その期間は5~10年と言われていますが定かでは無いようです。

もちろん、官報に情報が記載されている状態であってもクレジットカードの審査に受かることもできますし、キャッシングローンを組むこともできる場合があります。
しかし、住宅ローンのような金額が大きく、支払い期間の長くなるものについては利用はできないと考えてまず間違い無いでしょう。

もちろん、自己資金が大きければ可能な場合もあるでしょうし、宝くじの当選といった僥倖によってローンを利用する必要が無いというのであれば話は別ですが、基本的には住宅ローンを利用してのマイホームの購入は、最低10年はできないものと考えておいて良いでしょう。

住宅の購入を考えるなら、まずは自己資本を増やすことから始めましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする