自己破産するとホームレスになってしまうのか?

消費者金融で自己破産をすると、持ち家を持っている人は自宅を失うことになってしまいます。身寄りの無い人はその後どのようになるのでしょうか。

前にも言いましたが、自宅は競売などにかけれられたとしても、買主が現れない限りは住んでいても問題ありません。
買主が見つかった場合、交渉次第でそのまま暮らすこともできるでしょうが、そうならなかった場合は出て行かざるをえません。

身寄りが無い場合などは、そのままホームレスになってしまうのでしょうか。
これも前に書いているのですが、99万円以内の財産は、破産時に取り上げられることはありません。これを使って新たな家を借りることができるはずです。

また、手元に資金が無い場合でも、各自治体や国でも相談するための機関を儲けています。
一例をあげれば、ハローワークに雇用支援住宅への入居を希望するという方法があります。

ご存知のとおり、住所が定まっていない場合、就職の足かせになってしまいます。
そうしたことを防ぐための公営の住宅があるのです。

とにかく、一番良いのはそうした行政サービスを恥ずかしがらずに利用するということです。
全てを失って、ホームレスになってしまう前に、裁判所や法律事務所に相談してみましょう。きっと良い解決方法を示してくれます。

そうで無い場合でも、こうしたケースで相談すべきところを紹介してくれます。
いずれにしても、幸いなことに我が国には、法律扶助制度というものがあります。
何か生活の上で困ったことが起こったら、まずは行政に相談することを検討しましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする