競売について(住宅ローンの支払い)

競売について話しておきましょう。住宅ローンの滞納がつづき、支払いもしないような状況になったら、債権者は競売という措置に打ってでます。これに至るまでにはそれを避けるための様々な処置がされたはずですから、競売というのはそれに至るだけですでに最終的な形態といってもいいです。競売の前には差し押さえという処置がなされます。これは住宅だけではなくその家にあるすべてのものについて差し押さえの対象となります。差し押さえにやってくるのは裁判所の人たちで強制執行の権限をもってやってきますから、それに対して抗う手段は残っていません。その時点で自宅も家財道具一式も自分のものではなくなるということです。差し押さえの日は事前に通告されることとされていますので、それまでに家財道具を避難させておくのも一つの手段といえます。差し押さえのあともすぐにその家を退去しなくてはいけないわけではなく、競売で次の買い手が決まるまではその家に住み続けてもいいわけです。しかし、すぐに買い手がついてしまった場合はすみやかに退去しなくてはいけませんし、差し押さえられたものは持ち出すことはできません。このように競売にかけられると全てのものを失うような喪失感を味わうこととなります。ですから、競売にはなるべくかかることがないように対処していかなくてはいけないのです。住宅ローン滞納が始まって6ヶ月が勝負というのも頷けることなのです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする