持ち家と借家(住宅ローンの支払い)

昔からよく話題となるのが、持ち家にするべきか借家住まいを続けるのかということです。これは常に議論のまととなってきて、支払いだけを考えると借家のほうが結局は得だということで決着をみているようです。それはかかる経費を全てひっくるめた上での結論のようです。それでも持ち家といっても様々なものがあります、高級住宅と呼ばれるものもあれば大衆的なものもあります。マンションと一軒家という選択もあるでしょう。一方の借家にしても同じような状況だと思います。ですから、同様の条件で比較しなければ意味がないことであり、結局は費用ではなく自分が納得できるかということが大事だと思えるのです。持ち家のほうが安心できるという人もいれば、借家のほうが落ち着くという人もいます。人の価値観は様々ですから、一様に比較することはできないのです。それでも多くの人はいつか自分の家を持ちたいと思って一生懸命働いて住宅ローンを組み念願の自宅を手に入れるのです。ですから、自宅を持つということで責任感をもって住宅ローンを支払っていかなくてはいけません。しかしそれがモチベーションとはならずにストレスと感じる人は結果的には借家住まいのほうが向いているのかもしれません。いずれにしても生きていくためには居住空間というものは大切です。それが持ち家であっても借家であっても何も変わることはありませんし、住み続けるためにはどちらの場合もお金はかかっていくのです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする