自己破産について(任意売却に関する知識)

住宅ローンの返済に窮して、返済が滞った場合は道としては二つあります。これはあくまでも銀行が債権者ではなくなったというときです。それは銀行が債務者に対して返済の意思なしと判断した場合に残債を保証会社に請求することができます。たいていの場合、その請求は通ります。というのも住宅ローンを組んだときにそういう取り決めができているからです。ですから、銀行としては不利益を被ることなく住宅ローンを承諾して貸し出しをすることができるわけです。その銀行が債権者ではなくなるのですから、それ以降は保証会社から請求を受けることになります。その請求は分割ではなく一括返済です。もちろんそれはできませんから、残る道は競売か任意売却ということになります。競売を選んだ場合でも任意売却でも返済をすることには変わりはありません。それを住宅を売ることで返済資金に充てて残りは分割なりで支払っていくことになるのです。しかし、任意売却は明確に支払いの意思を示しているのですが、競売の場合は恐らくそのまま自己破産を選択することが多いと思います。そうなると任意保険か自己破産かということですが、世間体がいいのは任意売却でしょう。結果として返済を続けていくのですから誰にもお金に関しては迷惑をかけていません。しかし返済したくないというのであれば自己破産を選択することになります。どちらの場合も銀行が撤退した時点でブラックリストに載っているので、新たな借金はできないということも覚えておきましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする