売却益はどうなる?(任意売却に関する知識)

任意売却の場合、うまくいけば予想よりも高く売れることがあります。これは優良物件に見られることなのですが、もともと好立地で有った場合は土地だけでも価値があるということになるのです。ここは実は不動産コンサルタントの腕の見せ所となります。高く売れるほうが自分への報酬も高くなるわけですから、少しでも高くうれるようにしなければいけません。もちろん売れ残ってしまうようでは任意売却もできませんから、そのあたりのさじ加減はとても重要なこととなるのです。高く設定した値段で売れた場合、それで債務が全額返済できるのであればそれに越したことはありません。いずれにしても売却が決まった場合、その金額から、まずは不動産コンサルタントの手数料などの費用が差し引かれます。そこから様々なものが引かれて最終的に残債の返済ということいなります。一番の理想はこの返済で残債が完済できてしかもお金が手元に残るということでしょう。しかし実際はそこまで話がうまく進むことは少ないと思います。ですから、債権者への債務は残ると思いますので、今後は債務の返済が始まるのです。競売の場合は支払いを諦めたということになりますが、任意売却の場合は支払いを諦めず誠実に借金の返済を行うということを宣言していると周囲からはとらえられます。そのため人からの受けはよく信用の回復にはとても有利になるでしょう。支払いはきつくならずゆったりとした返済で生活の基盤をできるだけ早く作ることが大切なのです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする