債務者としての努力(任意売却に関する知識)

住宅ローンの返済がきつくてもう支払いを行うことができないという状況では、不動産を売却してそのお金で返済をすればいいのですが、債務超過の状況では売却しても恐らく残債の完済は無理でしょう。また売却自体、抵当権者である債権者が首を縦に振らないことが多いはずです。ですから苦しくて売るに売れない状態が続くことになります。これでも住宅ローンの返済をなんとか続けていけないいのですが、この状況が変わるのは住宅ローンの返済が滞ってしまったときです。6ヶ月も滞納をしてしまった場合、もちろんその間でも連絡は入ってきます。通告や督促状といった通知がきても何もしなければ最後には銀行から見放されてしまうことになります。それが「利益の喪失」ということになり、債権者も銀行から保証会社に代わってしまいます。さらにこの時点でブラックリストに載ることになりますからすでに信用は失墜しているということになります。できればこのような自体になる前に手を打たなければいけなかったのですが、人は切羽詰まらないと動けないこともあります。実際に滞納状態になっているときは何をするでもなく、ただ借金を重ねて返済をするという負の連鎖しかしていない人が多いのです。任意売却や競売という手段しか残っていないときになって目が覚めるという人も多いのです。そして、そのときは競売を避けてなんとしても任意売却に舵をきらなければいけません。それが債務者としての最大の努力ということになるのです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする