無理のない返済(任意売却に関する知識)

自宅を処分して任意売却の手段に出ても、それで完済ができなければ債務が残ります。とはいっても任意売却では債務が残るケースのほうが多いのです。というのも、住宅ローンの返済が不能の段階で債務者は他で多くの借金を抱えていることが多く、そちらのほうが原因となって住宅ローンの支払いができなくなったということだからです。そして、残った債務をどのようにして返済していくのかが新しい生活をしていくうえでとても大きな問題となっているのです。とはいっても任意売却が決まったときに残債についての支払い方法についてはあらかた決まっています。要は債権者に対して支払いを進めていくだけのことです。この支払いは住宅ローンの支払いや他の借金で窮していた時と比べても雲泥の差があるくらい楽なものとなっているはずです。とはいっても自分の生活もありますから、支払いは大変です。一つ助かることはブラックリストに載っていますから、今度はどんなに支払いが苦しくなっても借金はできないということです。やはり、自分の力でお金を稼いで支払いをしていかなくてはいけません。これは残債が決定したときにもわかっていることで債権者も無理のない支払い方法で承諾してくれているはずです。あとはそれに対して誠実に返済を続けていくことになるのです。競売から自己破産に至るよりは、任意売却は借金を棒引きにしたわけではありませんから大変ではありますが、堂々と返済を続けていけばいいということになります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする