カードローンで任意整理のデメリット

カードローンの返済が困難なことにより債務整理となった場合、裁判所などの法的なものが関係しないため、精神的にも負担なく任意整理に臨むことができるとされています。しかし、現実的にはお金を貸した側の金融機関の立場が強くなるため、強引な要求をされることもあるようです。特に消費者金融系のカードローンにおいては、消費者金融の前進がサラリーマン金融と言うこともあって、取り立ては銀行よりも厳しいものとなることが多くあります。また、例え銀行であったとしても債権取り立ての専門行員が処理にあたるため、窓口の行員よりも口調は強いものとなりがちになります。いずれにしても、カードローンの任意整理に限らず、金融機関側の主導で話し合いが進むことが多くありますので、返済計画の見直しの相談に応じてもらえるものの、担保や保証人を要求することがあります。特に持ち家の場合は、間違いなく不動産を担保とされることが多くあります。さらには、保証人を要求されることもあり、保証人がない場合は任意整理に応じられないこともあります。カードローンの利用者にとっては自己責任とはいえ、担保と保証人を立てることはかなりのプレッシャーとなることも多くあり、保証人が見つからず夜逃げすることもあります。任意整理による話し合いと言っても、相手は債権整理のプロを相手としますので、素人が簡単に太刀打ちできるものではありませんので、弁護士などに依頼することも考慮する必要があります。

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする