カードローンで任意整理のメリット

カードローンの使い過ぎにより、カードローンの返済に困ってしまい、挙句の果て返済が滞ってしまった場合、即座にカードローンの金融機関から返済の催促が入ることになります。カードローンの返済が困難になりそうな場合は、できれば早めに返済が困難なことっを金融機関に告げることが望ましいとされています。カードローンのサービスを展開する金融機関のほとんどが銀行となるため、債務不履行に関する専門の行員を置いていますので、まずは相談してみることが重要となります。カードローンを扱う銀行では、カードローンによる不良債権とするのを嫌う傾向にありますので、会社勤めなど収入がある場合は任意整理により解決の方法を提案することが多くあります。任意整理は、法的な措置によらずお金を借りた人とお金を貸した側とで返済計画の見直しや利息の減額を図るものとされています。このため、裁判所が介入しないため家財などの資産の差し押さえとなることはありません。(債務者の返済能力がないとされた場合は、裁判所に対して差し押さえの申し立てが行われます)。また、会社などに任意整理に陥っていることを知られることはありませんし、家族に影響が及ぶものではありませんので、安心して任意整理に誠意をもってあたることができるものとなります。任意整理による話し合いにおいても、双方の都合に合わせて行うことができますので、会社を頻繁に休む必要もありませんので負担も少なく済みます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする