任意整理によるカードローン残高の減額

カードローンに頼るあまり使い過ぎにより、自分の返済能力を超えてしまい返済が困難となった場合に、通常は任意整理による返済計画の見直しを行うものとなります。しかし、近年に見る経済の不安定から会社に勤めている人においても、業績の悪化により給料や賞与がカットされることは日常茶飯事となっています。また、カードローンの返済において任意整理により返済計画の見直しを図ったとしても、返済期間が長くなるためそりだけ利息がかかってくるため、安易に任意整理による返済計画の見直しも必ずしも良策とは言い切れないことになります。そこで、借入残高の減額を求める相談を行ったうえで返済計画の見直しを行う方法があります。借入残高の減額といっても、借り入れた元本を減額してくれるほど金融機関も甘くはありません。そこで、利息分の減額について相談を行うことになります。カードローンの金利は、最低金利から最高金利までと幅があるため、初めてカードローンを利用する場合や、金融機関と給与振込や公共料金の振替などで取引がない場合は、高い金利が設定されることが多くあります。もし、自分が契約したカードローンの金利が真ん中よりも高く設定されている場合、金利幅内での金利削減について相談をおこなうことで、借入残高の減額を図るものとなります。ただ、そう簡単には金融機関も借入残高の減額に応じてくれるものではありませんので、弁護士などの専門家に相談してから臨んだほうが無難と言えます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする