カードローンで任意整理の方法

カードローンの多用により自分の収入以上に借入してしまい、カードローンの返済が困難となってしまった場合、放置しておけば当然、返済が滞ることになりますので、カードローンの金融機関から返済の督促や取り立てなどの電話が入ることになります。さらに、返済が滞ることになれば、自宅や勤め先まで金融機関の担当者が取り立てに来ることになってしまいます。カードローンに限らず、金融機関などからお金を借りて、返済が困難となった場合は、絶対に放置せずに速やかにお金を借りている金融機関の相談窓口に連絡することが重要となります。金融機関の相談窓口に返済が困難な旨を伝えると、大抵はカードローンなどの借入した金融機関の支店へ出向いたうえで、担当者と面談することが多くあります。ここで、リストラや会社の倒産により収入が絶たれていないことや、現在の収入状況や支出状況など聞き取りがある場合があります。これは、金融機関として任意整理が可能か否かを聞き取りによって判断する材料を収集していることになります。このように、大抵の金融機関において、こちらが任意整理を申し立てなくても金融機関側から任意整理による返済計画の見直し案を提示されることが多くあります。ただ、全ての金融機関においてそうとは限りませんので、自分の収入や支出状況などある程度はまとめておくことをお勧めします。金融機関から返済計画案が提示されても安易に受け入れずに、自分が必ず返済できる額を示すこことも必要となります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする