任意整理とは

カードローンは、何時でも必要なときにお金を借りることができるものとなっていますので、カードローンを多用してしまい債務超過に陥る人が多くなっています。しかも、ごく普通のOLやサラリーマンと言った普通に収入のある人においても、カードローンを多用してしまい、自分の返済能力を超えてしまう人も多くあります。リストラや会社が倒産してしまった人の場合は、収入自体が絶たれてしまうため、カードローンなどの借入があると返済が基本的に困難となってしまいます。しかし、普通に会社などで働いて一定の収入がある人であれば、返済能力を超えて借入してしまっても、まだ返済できる力は残っていることになります。このような場合、直ぐに返済を諦めて自己破産にはしってしまう人もありますが、まずは任意整理の方法をとることをお勧めします。任意整理は、法的な措置を伴わず、あくまでもお金を借りた人とお金を貸した側とで話し合いにより今後の返済計画の見直しを行うものとなります。カードローンをサービスする金融機関も、返済ができなくなり不良債権となるよりは、少額でも返済を続けてもらったほうが利益となりますので、誠意をもって任意整理にあたることが重要となります。任意整理では、カードローンの返済が困難となった場合、借入残高に応じての返済計画の見直しが必要となってきます。そして、現在の自分の収入に対して、生活に必要な最低限のお金を残して、どれだけ切り詰めてカードローンの返済に充てれるのかを示す必要があります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする