連帯保証人がいる場合

借入れの金額が大きくなると、あなた個人の保証だけではどうにもならないことがあります。
そうした場合は、連帯保証人を立てることも少なくありません。


保証人がいる状態で自分が自己破産してしまうと、保証人に対して多大な迷惑をかけることになります。
もし保証人に何の連絡もなく自己破産してしまうと、あなたは債権者として返済義務を免れることができますが、その措置は連帯保証人には何も影響はありません。
ですので、すべての督促が連帯保証人の元に行くことになるのです。


あなたが返済を滞らせるリスクを理解した上で保証人になってくれた人を、裏切ることになってしまうのです。
恩人に後ろ足で砂をかけるような不誠実な真似をしてはいけません。


こうした場合、どうすれば良いでしょうか。まずは保証人になってくれた人にきちんと相談することです。
一番望ましいのは、保証人も共に自己破産するということです。
そうすれば、破産が決定すればどちらも返済義務から解法されるのです。


もし、あなたが保証人になっていた場合はどうでしょうか。
相手がどうしても返済することができないのであれば、やはり共に自己破産申請をすることになるでしょう。


そうした事態を避けるためには、保証人になることをきっぱりと断りましょう。
最悪の場合、保証人になったしまった結果、互いの関係が悪くなる可能性が高くなります。
断っても悪くなるのであれば、負債を抱えるリスクを犯してまで保証人になるべきではありません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする