自己破産したら所持するカードなどはどうなるか


自己破産とは、それまでの苦しい借金を全て帳消しにして、新たに人生をやり直すための制度です。
ですので、これまでの借金が霧消するとともに、それまで持っていたクレジットカードなども全て破棄することになります。

なら、新しくカードを作れば良いのでしょうか。しかし、そうは問屋が下ろさないのです。
自己破産をすると、最低でも5年間は官報に名前が掲載され、信用情報機関にもリストアップされます。
この状況を俗にブラックリストに載ると世間では言っていますね。

この期間はカードを作るのは難しいです。
もっとも、難しいだけで絶対に作れない、作ってはダメというわけではないのですが。

また、いわゆるブラックリストから名前が削除されても、今度は逆にカード使用歴のない人として警戒されてカードを作れないケースもあるようです。
いずれにしても、それまで胃をキリキリさせながら耐えていた借金地獄から開放されるわけですから、この程度のリスクを被るのはやむを得ないでしょう。

クレジットカードは作りにくい状況になりますが、デビットカードの作成には問題はありません。
しばしばインターネットでは、ブラックリストに載っている人でもカードが作れるといった情報がありますが、これは正しくありません。
クレジットカードなどの作成は、信用情報機関の情報をクレジット会社がどう判断するかにかかっているので、実際には自己破産などの債務整理を行っていない人であっても審査に受からないこともあるのです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする