カードローンで特定調停のメリット

債務整理による特定調停は、裁判所の専門の調停員がカードローン利用者の債務者と債権者の金融機関の間を仲介して、返済計画の見直しや利息額の減額の相談を行うものとなりますので、任意整理のように当事者同士が話し合うものではありませんので、話がこじれることが少なくなります。特に債務整理による場合は、債務者よりも債権者の金融機関の立場が強いため、金融機関の主導で任意整理による話し合いが進められることもあり、債務者にとってかなり不利益な要求となることがあります。しかし、債務整理による特定調停では、裁判所の調停員が仲介して話し合いを進めるため、どちらかに加担することなく公平な立場での話し合いとなります。カードローンをサービスかる主な金融機関が銀行のため、無理な要求することはあまりないようですが、債務者かあいまいな返事をするようであれば強硬な手段をとることもありますので注意が必要となります。ただ、特定調停が開廷されることになると、債務者と債権者が直接会うことはなく、債権者の金融機関が取立てや返済の催促を行うことは禁止されています。また、債権者の金融機関が直接、債務者に対して返済計画案を提示することも原則、禁止されていますので債務者にとっては不利な要求を受け入れることは少なくなります。債務整理による特定調停に持ち込むか否かの判断は、経験などが必要となりますので、裁判所に出向いて調停員が相談に応じることもありますが、事前に弁護士などの専門家の意見を聞くことも必要となります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする