アイフルで借りたお金が返せない 返済困難

アイフルでお金を借りる

アイフルは、プロミスやアコムに次ぐ売上高を誇る国内3大消費者金融のうちの1社です。アイフルの恐ろしいところは、プロミスとアコムが、いずれも日本最大級のメガバンクの子会社になっているのに対して、唯一、大手銀行のアシストを受けていないと言う点にあります。それにもかかわらず、大規模な売上高を実現しているのです。
2003年から2008年までは売上高において業界首位の座を握っていました。ただ、貸金業法の改正が始まった2006年以降の売上高の推移は、プロミス、アコムに比べて著しい下降線を辿っており、とりわけ2009年以降はこの2社とやや差を付けられているような状況です。
アイフルは、銀行を壊さない独立系であるため、プロミスやアイフルの様に、低金利個人融資を提携している銀行カードローンに委ね、自身はやや金利の高い商品を小口で貸し付けるというビジネスモデルは採用できません。そのかわり、自社の中で、通常金利商品と、低金利商品の2つを設けています。
通常金利商品の金利は、 5.5%から%で18.0%です。極度額は300万円までです。それに対して、ファーストプレミアムカードローンと言う商品は、 100万円以上500万円未満の極度額で、 5.5%から9.5%の金利設定となっています。これは銀行カードローン並みの金利水準です。極度額のランクに応じて一律に金利が定まっているタイプの商品になります。このファーストプレミアムカードローンは年収500万円以上が申し込み条件として設定されています。
アイフルは独立系消費者ローン業者ではありますが、三菱東京UFJ銀行や、日本銀行、じぶん銀行などとATM提携を行っていますから、手数料は必要であるものの、これらのATMを使ってアイフルの消費者ローンでお金を借りることが可能です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする